電気代だけで済むウォーターサーバーの衛生度と水質の安全性

電気代だけで利用できるウォーターサーバーは、非常に便利に利用する事ができますが、その安全対策はどうなっているのでしょう。ウォーターサーバーにかかってくる費用には、電気代のほかタンクの水代がかかる事になります。維持費は電気代だけという事になりますが、水質やウォーターサーバーの安全性には、きちんと業者の安全管理が行われています。補給タンクの中身は、基本的に天然水を使っている業者がほとんどですが、電気代しかかからないウォーターサーバーに利用される天然水は、水質がしっかりと検査されて合格した水のみを使っているのです。

しかも最近、危険視されている放射能汚染検査もなされている上に、不純物が紛れ込まないように、綺麗にフイルターにかけられています。また、天然水は殺菌や検査を行うことが義務付けられており、理化学検査や官能検査を始め、微生物検査や放射線物質検査などを行う事で、その安全性を確保しているのです。

ろ過方法は、各業者それぞれの対応で行われていますが、特殊セラミックフィルターや銀活性炭フィルターなど、特殊な方法で不純物はほぼこうした方法で取り除かれています。放射能物質を始めとする、危険なダイオキシンや環境ホルモンなども取り除けますので、安心して電気代のみのコストでウォーターサーバーを利用する事ができます。